Home / Tag Archives: 박근혜 탄핵 (page 4)

Tag Archives: 박근혜 탄핵

뉴욕타임스, 박근혜, 수천만 달러 갈취한 “공범”

뉴욕타임스, 박근혜, 수천만 달러 갈취한 “공범” – 현직 대통령 중 처음으로 범죄음모 혐의로 검찰 기소 – 박 대통령 검찰 조사 불응, 차라리 탄핵해 – 박 대통령과 청와대의 스캔들 은폐 혐의는 어디에? 뉴욕타임스는 20일 검찰이 박근혜 대통령과 최순실이 공범이었다고 밝힘에 따라 박 대통령에게 또 한 번의 일격을 가했다고 보도했다. 기사는 ‘한국 검찰, 박근혜 강요죄 혐의 공범’이라는 제목의 보도에서 검찰이 최순실 씨를 ...

Read More »

이코노미스트, 여당 전 대표, 박 대통령 “탄핵만이 해법”

이코노미스트, 여당 전 대표, 박 대통령 “탄핵만이 해법” – 박 대통령 지지율 5%, 특히 젊은 층 0% – 백만 명 대규모 시위, 탄핵 요구 점점 커져 – 뚜렷한 대권주자 없는 여야, 사퇴보다는 탄핵 해법 선호할 듯 전 국민적 관심이 쏠린 ‘박근혜-최순실 게이트’ 특검이 국회를 통과했다. 이번 사건 수사를 과연 누가 진두지휘할 것인가에 관심이 쏠리고 있는 가운데 이코노미스트는 16일 박근혜 대통령 ...

Read More »

블룸버그, 시위대 청와대로 향한다

블룸버그, 시위대 청와대로 향한다 – 토요일 집회, 50만 명 예상, 2008년 이후 최대 규모 – 박 대통령 지지율, 역대 대통령 중 최저치 – 리얼미터 조사 응답자 60%, 하야 또는 탄핵해라 블룸버그는 10일, 토요일 열릴 예정인 민중총궐기 광화문 촛불집회 소식을 보도했다. 기사는 이번 집회에 최대 50만 명이 모일 것으로 예상하며(집회 주최측 추산), 2008년 쇠고기 촛불집회 이후 최대 규모가 될 것이라고 설명했다. ...

Read More »

르몽드, 쇼크 상태의 한국인들 박근혜는 탄핵 절차 밟을지도

르몽드, 쇼크 상태의 한국인들 박근혜는 탄핵 절차 밟을지도 – 나라를 충격에 빠트린 ‘최순실 게이트’ 보도 – 40년 지기 박근혜와 최순실 그리고 최태민 – 지지도 추락 … 험난해 보이는 남은 임기 프랑스 최대 일간지 <르몽드>가 최순실 사건에 대해 자세하게 보도했다. 도쿄 특파원 필립 메스메르는 한국으로 이동해 “한국, ‘최순실 게이트’가 청와대를 패닉에 빠뜨리다”라는 제목의 기사를 썼고, 이 기사는 28일 인터넷판에 올랐다. 기자는 ...

Read More »

CNBC-국정원 비리와 문제점 분석보도, 박근혜 탄핵 해임 가능언급 (일본어)

美CNBC韓国の国家情報院の選挙介入、キャンドルデモ詳細に報道 Translation by Sang In Han アメリカ3大放送の一つであるCNBCが韓国の「国家情報院の事態」と「キャンドルデモ」を異例的に詳細に報道し、朴大統領が弾劾を受けて解任される可能性もあるという分析記事を出して注目を集めている。 -朴槿恵(バク・グンへ)は最悪の場合、弾劾、解任される可能性あり -CNBC、国際危機監視機構(ICG)の上級アナリスト、ダニエル・ピンクストン引用 – 韓国の国家情報院の選挙介入、キャンドルデモなど詳細に報道 If you think the NSA is bad … 原文URL http://www.cnbc.com/id/100898207 Published: Thursday, 18 Jul 2013 | 10:13 PM ETBy: Geoffrey Cain アメリカ人は政府が盗聴することにあまり関心がないようだ。 国家安全保障局の元エージェントであるエドワード·スノードンが米国政府が市民の情報を大々的に監視していることを暴露した後、ある世論調査では半分の米国民はテロから自分たちを保護さえすれば、そのような 監視 が別の問題にならないと考えていると発表した。 しかし、現在の韓国で行われる事件は、そのようなスパイ行為がどれだけ簡単に民主主義を傷つけることができるかをよく示している。 ソウルで行われている学生のデモとキャンドル集会を触発させたこの難局は、実際には2つの個々のケースが連携されている。 最近の出来事は、進歩陣営の国会議員が「国家情報院が自分たちの勢力を守るため6月末、敏感な機密文書をリークさせた行為」を非難しながら行われた。 その文書は、2007年の南北首脳会談の詳細な内容を含んでいた。今は故人となった、当時の大統領、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大韓民国大統領は、南北の平和のために南北間の海洋支線を調整する可能性を議論した。 首脳会談の相手は、大韓民国の主な北朝鮮の元独裁者の金正日だった。 この暴露のせいで、盧大統領が属していた、今は野党になった民主党に傷になれることだった。多くの国民は、これを利敵行為だと思っている。 しかし、その暴露の意図は別のところにある可能性がある。 国会議員は「国家情報院が2012年12月の大統領選挙に影響を与えるために秘密に選挙介入作戦を展開した」というもう一つの大きな事件から国民の関心をかけるために、この文書を暴露したと主張する。 2012年末、二人の国家情報院要員が12月に大統領に当選した保守派政治家、朴槿恵(バク・グンへ)を支持する何千ものインターネットのコメントをつけた。これらは 「野党側進歩政治家が従北主義者であり、共産主義者」と決めつけた。 このように極端な方法で相手を誹謗することは騒々しい韓国の政治体制下での主要メディアと専門家たちさえも、しばしば取る方法である。 この選挙宣伝作戦の秘密保持は長くは続かなかった。ウォン・セフン元国家情報院長は先月、直接この作戦を指揮した疑いで最終的に起訴され、これに対する最初の調査を縮小、隠蔽しようとした疑いで元ソウル警察庁長も起訴された。 国家情報院は、南北首脳会談の記録を公開したのが正当な範囲内でとった行為だと主張している。大韓民国の法律によると、国家情報院長は、国家の安全保障が脅かされない限り、国家機密の閲覧公開を求めることができる。 7月10日に国家情報院が発表した声明によると、 「ますます悪化している国論の分裂」と 「国家安全保障への脅威」を懸念し、この機密文書を公開したと主張した。 これに対して、国家情報院の広報担当者からは何の言及も聞くことができなかった。 大韓民国の法律によると、国家情報院が保管するこれらの敏感な文書は、通常、最大15年まで機密文書として分類される。大統領の文書が公開されるためには、少なくとも全議員の3分の2が同意するか、裁判所の命令が必要である。 ライバル候補よりもわずか3%の差で当選した朴大統領は、これに関連して、「自分は何も知りません。これにより、どのような利点を得なかった」と主張している。 朴槿恵(バク・グンへ)政府は、国家情報院の大統領選挙介入は党内のライバルであり、決してヘの友達とすることができない、右派李明博政権下で起きたことを指摘した。 しかし、彼女の家族歴を見てみると、朴槿恵はこのようなことから距離が遠いとは言えない。 1960年、70年代の朴槿恵の父親であり、独裁者だった朴正煕(バク・ジョンヒ)は、選挙違反やその他の違法なもののために国家情報院の前身である中央情報部を利用した。 専門家は、野党がこの選挙スキャンダルを朴槿恵の過去の歴史に接続させようとしていると言う。ソウルの大学生と活動家たちは、ここ数週間で、国家情報院の選挙介入に対してデモをして、朴槿恵の下野を要求している。 世論調査によると、朴槿恵の支持率はここ数週間50%以上から約40%程度に激減した。ソウルに拠点を置くシンクタンク産研究所は、このような減少が必ず国家情報院スキャンダルの結果ではなく、選挙の後「正常値」に戻ってきたと説明する。 ...

Read More »